宇宙の真実

なぜ引力は生じるのだろうか?

ニュートンがリンゴの落ちるのをみて発見した引力。
私たちが地上に立っていられるのも、ものが高いところから下に落ちるのも、水が高いところから低いところへと流れるのも、すべて引力のせいである。

 

こんなことは誰でも知っていることで、引力といわれても、驚く人はいない。では引力とはなんぞやと聞かれてもはっきりした答えをいえる人はすくないだろう。

 

アインシュタインによると、空間は大きな質量をもつ物体のそばでは鸞曲していて、その鸞曲が吸引力の原因になるという。

 

カリフォルニア大学の学者によると、中性微子という重さのない粒子が、引力の媒介をしているという説も立てられている。

 

しかし、こんなことを聞いても、われわれがふだん接している引力の実体には、なにひとつ近づくことはできない。

 

われわれにわかっているのは、リンゴが落ちるのはそこに引力があるからだという事実だけである。磁石のように、プラスとマイナスが引きあって付着するといわれればわかりやすいが、引力(地球の場合は重力)がなぜ生じるのかは、やっぱりわからない。

 

こんなに身近な当たり前の現象でさえ、科学はまだ答えをだせないでいるのだ。